夢つむぎ体験記

人生にはうれしい時間ができるだけ多いほうがいい。趣味が仕事になって、人の役にも立ったら最高。退職後だからできる100%充実の日々をシェアしています。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お習字と書道の間にある壁を超えるのは臨書の意義を実感した時

長く習字を習っているのになかなか上達しない、と行き詰まっている人。 お手本が無いと書けない人。 いい筆に巡り合えない、いい紙がない、と思っている人。 習字教室ではそれなりに書けるのに、結婚式とかで芳名 …

10分でローストポークと付け合わせを作っちゃおう!「美味しい」を追求するとシンプルになる

「美味しい」を追求したら、簡単になった 美味しい物は手間がかかるというのは世の勘違い。   少なくとも料理に関して、私は思います。 良い材料の味と香りのハーモニーを最大に引き出すのが上手な料 …

羽生結弦くん 24才 お誕生日おめでとう

羽生結弦くんの24才て、並じゃない。 24年というと、12の干支が二回り、しかも、普通はこれからやっと1人前になって社会に出る年。   人は最初の一回り(12年)で、毎日の生活の基礎勉強して …

個の時代だからこそ、地域コミュニティーは子供にも高齢者にも意義がある

  昨日、11月10日土曜日、半世紀以上も昔の小学生の一団が、母校PTA主催のフェスティバルに、同窓会として参加しました。 小春日和の暖かい、というよりは暑い日で大人も子供も汗をかきかき校庭 …

帯のアップサイクル:帯の魅力を文化遺産の世界に閉じ込めておくのはもったいない

帯のこと、知っているようであまり知らない。 タンスに眠る帯、あなたも、ちょっと困ってませんか? 私は、見てみぬふりをしているんです。   もう使わないし、誰も欲しがらないけど、処分の決心はつ …