夢つむぎ体験記

人生にはうれしい時間ができるだけ多いほうがいい。趣味が仕事になって、人の役にも立ったら最高。退職後だからできる100%充実の日々をシェアしています。

ハンドメイド

ハンドメイドの未来予測-2ハンドメイドの現在

投稿日:2021年3月6日 更新日:

前回 ハンドメイドの未来予測ー1ハンドメイドの昔

現在を知ろう

社会はいつも変化中ではあります。

でも、どんな時代も、成長期→絶頂期→衰退期 という運命をたどります。

(これは法則です・・・ここにこだわると横道にそれるので、ここでは、そういうものだということを受け入れておきます)

 

普通に暮らしていると、その変化にはなかなか気づきませんよね。

今はどんな時代のどの時期か。

 

特に、新しい時代が始まっていることにはなかなか気づきません。

認めたくない人も多いです。

そして、変化に気づいた時には、もうかなり絶頂期から衰退期になりかけのころだったりします。

 

私たちの目には、ゆっくりゆっくり変化が進んでいたように見えます。

でも、実はそれは、根本の一大変化が社会の表面にまで浮かび上がってくるのに時間がかかっているだけなんですね。

 

変化の芽吹きともいうべきものは、私たちが気づくよりずっと早く始まっています。

花の種が先に地面の奥深くに根を伸ばしているのと同じ。

それに早く気付ければ、それなりの準備もできますよね。

 

人生に置き換えてみると、一番元気で挑戦できる時期に、「今やらないと」って気づけませんでしたよ、私は💦

ちょっと、いいえ、大いに後悔してます。

もう一度人生やれたら、ちゃんとやるって思ってるの私だけ?

 

現在、新時代が芽吹いています

画一化やブランド志向が陰りを見せ始めたころ、ネットが世界に広がりました。

そうです、今回の新時代には、ネットの存在が絶対的です。

 

そして、それを後押ししているのが、コロナの世界的流行です。

世界中が逆らえません・・・

 

ネットとコロナでどんな時代が始まっているかというと、

 

ズバリ個人志向の時代が始まっている

以前の社会と真逆です。

人と同じとか、他人の認める価値とか、そんなものでは自分を守れないことに気づきます。

 

これは、うすうす気づいている人も多かったかもしれませんね。

みんなと同じであるために、私たちは多かれ少なかれムリしていたのではないでしょうか。

 

そのムリ(=ストレス)を、コロナの恐怖があっさりと解放してしまいました。

実は、ネットがすでに解放しはじめていて、緊張感の強い人ほどネットの世界に逃げ場を見出していたのですが、コロナの流行で加速しました。

 

外に行かれない。

人とツルメない。

同じかどうかを確認するチャンスもない。

 

もう、自分を見直すしかありません。

 

ハンドメイド人気が高まっている

趣味に目がいくのは当然の流れです。

特に、在宅でこそできる趣味の代表がハンドメイドです。

 

いままでは外の世界に合わせることに夢中だった人も、最近はハンドメイドを始めるようになり、ハンドメイド人気は高まっています。

それに合わせて、ハンドメイドの種類や材料もバラエティに富んできました。

 

そんな動きと前後して、ハンドメイド作品を喜んで使ってくれる人に届けられるオンラインシステムが整備されてきました。

 

ネットショップの誕生はもっと早くて、楽天、アマゾン、ヤフーのオンラインショッピングモールが私たちの暮しを手軽に便利にしてきましたよね。

でもこれは、本質的には従来のデパートや商店がネット上に構築されたにすぎません。

変わったのは方法であって、商品販売者と客の関係には本質的変化はありません。

「世の中どんどん便利になるなぁ」と、いままで何度も感動してきた進歩の一つにすぎません。

 

では、ハンドメイドに関してはどうでしょうか。

便利になったので、購入は楽になりました。

選択肢も増え、内容も充実しています。

 

それだけ?

ネットショップにハンドメイドジャンルもできたってこと?

 

いいえ、違います!!

 

ハンドメイド界の革命が始まっているのです。

今、その根が深く広く伸びている時期と言えるでしょう。

 

ハンドメイド界の革命

革命というからには、本質的な変化が起きているということです。

 

それは何か?

 

二つのポイントがあります。

一つは、作り手と使い手の両方が直接、対等に交流し、間にお店は入らないということ。

 

そして、ハンドメイドを始めたばかりでも、作品を登録すれば作家です。

その通りですよね、作る人なんですから。

作れば創造者(クリエーター)、絵描きさんと同です。

資格も試験も要りません。

 

二つ目のポイントは、

作り手と使い手の相方向の交流で成り立っている点です。

 

作家が同時に購入者にもなるし、

購入者の意見や希望、評価で作品が生まれる、利用者参加の場(サイト)なのです。

 

私も、作品を購入していただいた方からは、細かい希望も伺いますし、感想と応援の言葉をいただいています。

もちろん私からも何度かメールして、作品の特徴や私の感想などシェアしています。

それから、私自身が他の作家さんの購入者になることもあります。

 

作り手も使い手も対等な利用者として、サイトを成長させ合っています。

 

さて、この動き、これからどうなっていくのでしょうか?

ハンドメイド好きはどういうことになるのでしょうか?

 

これについて、次の記事で考えたいと思います。

次回 ハンドメイドの未来予測ー3ハンドメイドの未来

 

実は、

最初に、どんな社会も、成長期→絶頂期→衰退期という道をたどると書きましたが、

その考えは、オンライン講座で学んだことなんです。

 

自分で現状分析と未来予測をして、それに基づいていくつもビジネスを成功させている先生が、先生の手の内、頭の中をすっかり教えてくれる講座です。

高くて当然の講座ですが、今、先生の考え方の根幹の部分を無料公開しているので、興味があれば、今のうちにチェックしておいてはいかがでしょうか。

考え方を教えてくれるので、どんな時代、どんなジャンルにも応用が効きそうで、私は未来に対する漠然とした不安が消え挑戦意欲がわいてきましたよ💪(笑)

-ハンドメイド
-, , , , , , ,

執筆者:


  1. […] 前回 ハンドメイドの未来予測ーハンドメイドの現在 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハンドメイドの未来予測-1ハンドメイドの昔

私の目で見たハンドメイドの昔と今 昔はハンドメイドは生活の一部だった 昔のお母さんは、たいてい、子供や自分の普段着は手作りしていました。 私の母も、私たちが寝た後、遅くまで、縫ったり編んだりしていたの …

手づくり・手仕事・ハンドメイキングは遺伝子に刻まれている

     現存する日本最古のハンドメイド   およそ1万6千年前の土器、ほぼ世界最古らしい   手づくりは原始的欲求 縄文時代から、ハンドメイキングやってたんですよね。 食べるものにも着るも …

ハンドメイドで社会参加

ハンドメイキングは生きる力 ハンドメイドは、社会には必要なものです。 と言われても、 今や、必要な物はだいたい、既製品があります。   衣類や日用雑貨は、工場生産のお蔭で安く手に入ったりしま …

ハンドメイドの未来予測ー3ハンドメイドの未来

前回 ハンドメイドの未来予測ーハンドメイドの現在 未来を予測する 実際のハンドメイドサイトを見て、現実を確認してみましょう。 国内最大のハンドメイドサイトである”minne”(ミンネ)を取 …

ハンドメイドの資格があれば安心して稼げます

    手芸やハンドメイドは好きだけど、稼ぐのは無理と思ってますか? 大丈夫よ、って言われても、不安になるの分かります。   それなら、資格をとって安心してプロになってく …